〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-23-3 3階

その他の症状

Other

その他の症状|所沢市西所沢駅の耳鼻咽喉科なら坂口耳鼻咽喉科

めまい

メニエール病

症状
めまいがする、聞こえが悪い、耳鳴りがする

メニエール病

疲労やストレスが引き金となり、めまい、ふらつき、耳鳴り、難聴などの症状を反復する病気で、比較的若年から中年の女性に多い疾患です。症状の経過と聴力検査である程度の診断が可能であり、突発性難聴と同様に発症早期の治療が大切です。内耳の中に、内リンパ水腫ができることが原因とされていますが、その根本的な原因はまだ解明されていません。睡眠不足や過労、ストレスなどが背景にあるとの説もあります。
飲み薬で症状のコントロールが可能な場合が多いですが、そもそもの原因がストレスにあることもあり、治療は耳鼻科的な治療と同時に体調管理も再発防止に重要になります。

良性発作性頭位めまい症

症状
めまいがする

両耳の奥には三半規管と言う体のバランスをとる器管があり、その中にある耳石という石が傾くことにより体の位置感覚を感じることが出来ます。この病気はその耳石が何らかの理由でずれてしまい、頭をある方向に動かすとずっとその方向に動き続けているような感覚を起こしてしまうというものです。耳鳴りや聴力低下を伴わず、頭を動かすことにより誘発される眩暈(めまい)がこの病気の特徴です。治療は、めまい症状が強いうちはめまい止めや吐き気止めの内服となりますが、リハビリ療法も重要となるため指導いたします。

前庭神経炎

症状
めまいがする

耳の奥にあり体のバランスをとっている三半規管と脳をつなぐ神経を前庭神経と言いますが、その前庭神経が何らかの原因で炎症を起こすことにより、片側の三半規管の働きが落ち、左右のバランスを崩してめまいを起こしてしまう病気です。
風邪などを引いた後、1週間ぐらいしてからぐるぐる目が回って立っていられないというのが典型的な症状です。しかし、風邪など先行する感染などの認識がない場合も多々あります。
治療は、めまい症状が強いうちは吐き気止め、めまい止めの内服となりますが、この病気はふらつきが月単位で続くこともあり、リハビリも重要となります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

現在、検査及びCPAPの新規導入は見合わせております

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は10秒以上の無呼吸(呼吸が止まっている状態)が、一晩に30回以上または1時間に5回以上起こることをいいます。
睡眠中の無呼吸により、十分な睡眠が得られないため、日中の眠気、頭重感、集中力の低下、交通事故、仕事上のミスの連発などが問題となります。長期的には高血圧、糖尿病、心不全、脳梗塞などの全身的な致死的な疾患のリスクが上がることが証明されています。その為にしっかりとした診断を受けて、必要に応じて治療を行います。

原因

肥満などによる睡眠中の上気道(空気の通り道)が狭くなることが主な原因とされますが、鼻の構造や顎の形、扁桃肥大など気道を狭くする要因は他にもあります。

検査・診断

診察では上気道の形態および睡眠時無呼吸の程度を評価することになります。
当院では、簡易型検査装置による検査、及び多くは入院での検査が必要となる精密検査であるPSG検査も可能です。

当院で行う検査

簡易睡眠検査

呼吸や⾎中の酸素の状態などを測定し、睡眠呼吸障害の程度(AHI)を求めることが出来るスクリーニング検査になります。AHIが40以上で眠気などSASの症状が明らかな場合、CPAP療法の対象となります。AHIが40未満であれば、さらに精密検査(PSG検査)が必要です。CPAP療法後の治療効果判定の検査として⾏うことも出来ます。

終夜睡眠ポリグラフ検査(Polysomnography :PSG)

睡眠障害の原因と程度が正確に判断できる検査です。体に様々なセンサーを取り付け、睡眠の状態(眠りの深さや分断の状態)、呼吸状態、心電図等の評価をします。また、睡眠中に起こる異常行動や不整脈などの評価も行い、他の睡眠障害、合併症の有無について診断します。当院でPSG検査による精密検査が必要と判断された患者様は、ご自宅で行える在宅PSG検査を当院より⼿配、実施いたします。

治療方法

治療は、減量、CPAP療法、口腔内装置(マウスピース)、手術治療となります。
それぞれ、良い適応がありますので、喉頭ファイバー・血液検査・CT検査などを行い総合的に治療の適応を判断いたします。