〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-23-3 3階

鼻の症状

Symptoms of the nose

鼻の症状|所沢市西所沢駅の耳鼻咽喉科なら坂口耳鼻咽喉科

鼻の病気

アレルギー性鼻炎

症状
鼻水、鼻づまり、くしゃみ

アレルギー性鼻炎

ある種のアレルギー物質(抗原)が原因で鼻水、鼻づまりなどの症状が起きる場合と、原因物質が特定出来ず、気温や体調の変化に伴って症状が起きる場合があります。
また一年中症状の続く通年性アレルギー性鼻炎や、スギ花粉症などのある特定の時期に症状が起きる季節性アレルギー性鼻炎があります。まずは採血検査と鼻汁好酸球検査を行い、アレルギー性鼻炎なのか、アレルギーの原因は何なのかを調べることが重要となります。
採血検査や生活習慣などから原因物質が特定出来る場合は、その物質に接触しないようにすることにより症状のコントロールが出来る場合があり、アレルギー性鼻炎の重要な治療法の一つになります。薬物治療としては、抗ヒスタミン薬の内服やステロイドホルモン剤の鼻への噴霧などが行われます。また、長期継続治療を前提に、アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)もあります。

急性鼻炎

症状
鼻水、鼻づまり

急なくしゃみ、鼻水、鼻づまりといったいわゆる鼻風邪です。ウイルス感染などによる軽度の鼻水、鼻づまりの場合は、鼻水止めや粘膜機能改善薬を用いて治療しますが、ばい菌感染などが合併し、色のついた鼻水が出はじめると、抗生剤を用いて治療を行うこともあります。クリニックで行えるネブライザー治療も、鼻腔内だけに高い濃度の薬を送ることが出来る、効果の高い治療法です。

血管運動性鼻炎

症状
鼻水、鼻づまり、くしゃみ

くしゃみ、鼻水などのアレルギー性鼻炎に似た症状がありますが、アレルギー検査が陰性で明らかな要因がわからないものは、血管運動性鼻炎と呼ばれています。典型的には、急な気温の変化や食事時などに症状が出現するというものです。時に寒暖差アレルギーとも呼ばれます。特別に有効な治療法は確立されておらず、点鼻薬や抗アレルギー薬で対処することが多いです。

急性副鼻腔炎

症状
鼻水、鼻づまり、悪臭、臭いがわからない、顔面の痛み

急性鼻炎が悪化し、鼻の奥にある副鼻腔にまで炎症が及び、鼻水、鼻づまり以外におでこやほほに痛みが出てしまう状態を言います。慢性副鼻腔炎と異なり、抗生剤や鼻水止めを使うことにより速やかに改善する場合が多いです。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

症状
鼻水、鼻づまり、後鼻漏、悪臭、臭いがわからない

副鼻腔炎の状態が3ヶ月以上継続する場合、慢性副鼻腔炎と呼びます。鼻水、鼻づまりに加え、おでこやほほの鈍い痛み、鼻水が後ろから喉に落ちる(後鼻漏)などの症状が出ます。
経過が長い分、急性副鼻腔炎と比較して治るのに時間がかかることが多いです。慢性副鼻腔炎により鼻内の炎症が長期間に及ぶと、鼻の粘膜が徐々に腫れ上がり、鼻茸(ポリープ)が鼻内にできることもあります。
細菌による感染が原因となる場合が多いですが、近年では虫歯が原因のもの、喘息に伴うもの(好酸球性副鼻腔炎)、カビの感染(副鼻腔真菌症)、カビに対するアレルギーが原因のものも多く見受けられるようになりました。いわゆる蓄膿症といっても、しっかりと原因を特定しその原因にあった治療が必要になります。慢性副鼻腔炎と思っても、時に乳頭腫、癌などの腫瘍の可能性もあります。
治療法は抗生剤を通常の半分の量にして2、3ヶ月間連続して飲む治療(マクロライド少量長期投与療法)や霧状の薬液を鼻や口から吸入する、ネブライザー療法が行われます。根治出来なかった場合は、抗生剤以外の薬で症状のコントロールを行ったり、手術療法が必要になることもあります。

鼻中隔弯曲症

症状
鼻づまり

鼻の穴を左右に分けている壁、鼻中隔が極端に曲がっている状態のことです。
鼻中隔は7、8割の人で成長とともに自然と曲がりますが、鼻づまりなどの症状がない場合は特に治療の必要はありません。鼻中隔弯曲症が強く、高度の鼻づまりがあり、薬の治療で十分な効果が得られない場合は、曲がりの矯正手術が検討されます。

鼻前庭湿疹

症状
鼻の入り口がかゆい、痛い

鼻の入り口で炎症が起こり、そこを触ることでさらに悪化する一種の皮膚炎です。鼻水が出ている時に鼻をかみ続けたり、鼻をこすり続けたり、鼻毛抜きをすることで起こる場合があります。ばい菌感染が疑われる場合は抗生剤を使用し、湿疹がある場所に軟膏を塗り、それ以上触らないことで治る場合が多いです。

鼻出血

症状
鼻血

鼻の中は粘膜の比較的浅いところに太い血管があったり、乾燥により粘膜が傷付きやすかったりなどで、特に大きな病気がなくても出血を起こしやすい場所です。左右の鼻の仕切りである鼻中隔の前端部をキーゼルバッハ部位と呼びますが、鼻出血の90%はそこからの出血です。通常は、鼻には詰め物をせず、椅子に座って顎を引き、小鼻を軽く圧迫しておけば、20分程度で出血は止まります。また花粉やダニなどに反応するアレルギー性鼻炎により鼻水が出ていたりすると出血も起こりやすくなるため、鼻水の治療を行うことが鼻血の治療になります。