〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-23-3 3階

耳の症状

Symptoms of the ear

耳の症状|所沢市西所沢駅の耳鼻咽喉科なら坂口耳鼻咽喉科

耳について

耳について

耳は大きく分けると、外耳、中耳、内耳の3つの部分に分かれています。
耳介(耳たぶ)から鼓膜までが「外耳」であり、音(空気の振動)を中耳に伝えます。
鼓膜とその奥にある小空間までが「中耳」であり、音を鼓膜で受け止め、耳小骨(じしょうこつ)という小さな骨を経由して内耳に伝えます。
耳の一番内側が「内耳」であり、聴覚を担当する蝸牛、平衡感覚を担当する前庭・三半規管から成ります。
耳は聴覚・平衡感覚を司る器官のため、難聴、耳鳴、めまいなどの症状がある場合は安易に自己判断せずに、早めに医師へ相談しきちんと治療をすることが大切です。

外耳の病気(鼓膜の外側)

耳介軟骨膜炎

症状
耳が痛い、耳が腫れる、発熱

耳介は、耳たぶを除いて軟骨と皮膚でできています。この軟骨がピアスや急性外耳炎などの、外傷、感染が原因となり炎症を起こすのが耳介軟骨膜炎です。治療法としては抗生剤や消炎鎮痛剤を投与します。場合によっては点滴による抗生物質での治療やステロイドを用いることもあります。

耳介血種

症状
耳が腫れる

耳に強い打撲や摩擦を受けたときに、耳の上側の皮膚の下(皮下)に血が溜まった状態です。症状が軽いときは放置しても治る場合がありますが、日が経つと血が固まり耳が変形してしまうことがあるため腫れが強いと針を刺したり切開をして血を抜きます。一度血を抜いてもまた血が溜まってしまうことが多く、血を抜いた後に圧迫が必要となることが多いです。

耳垢

症状
聞こえが悪い、耳がつまる

耳垢には2種類あることがよく知られています。「乾燥しているもの」と「粘性のもの」です。
この違いは遺伝的に決まっていると言われており、日本人は7割が乾燥型です。少量の耳垢があることは生理的に正常な状態と考えられますが、あまりに蓄積しすぎるとかゆみを起こしたり、聞こえが悪くなったりします。耳の穴から鼓膜までの外耳道は、正常であれば、耳垢が外側に向かって移動します。その為、耳の奥まで無理に掃除しようとする必要はありません。
過度の掃除によって傷が付くと外耳炎に至る場合がありますので、注意が必要です。耳垢の掃除が困難な場合は、無理せずご遠慮なく受診してください。

外耳道異物

症状
耳が痛い、耳がつまる

子供が遊んでいて、外耳道内に虫や玩具などが入って取れなくなってしまうことがあります。自分で除去しようとするとますます奥へ入り込み、取り除くことが困難となる場合があり、鼓膜や耳の穴を傷つけてしまう場合があります。焦らず耳鼻咽喉科に受診し、専門医による除去をお勧めします。

外耳湿疹

症状
耳がかゆい

よく耳掃除をすることで痒みが続き、なおさら耳かきをしてしまうというのが典型的な症状です。強いかゆみが生じるのが特徴で、耳かきや爪で湿疹部を掻きむしることで小さな傷から細菌が入って外耳炎の原因となります。痒みが強い時は受診をして、軟膏(時に痒み止めの内服)で治療することで痒みを抑え、耳かきの頻度を減らすことで多くは改善します。

外耳炎

症状
耳が痛い、耳だれがでる、発熱

鼓膜より外側の耳の部分である外耳道と呼ばれる場所に炎症を起こした状態です。主に耳の掃除など、耳を触りすぎることによって起こることが多い病気です。症状が悪化しすぎると耳だれが出ることがあります。治療法としては外耳道内を清掃し、炎症を抑える軟膏や点耳薬を使用することにより治療を行います。外耳炎の中には真菌(カビ)に感染して外耳道真菌症を発症することもあるため、培養検査による原因菌の特定も重要です。

中耳の病気(鼓膜の内側)

急性中耳炎

症状
耳が痛い、耳だれがでる、聞こえが悪い、発熱

鼓膜の内側の中耳という場所に細菌やウイルスが感染し、中耳炎が生じます。その多くはのどや鼻腔に感染した細菌やウイルスがのどの奥と中耳をつなぐ管(耳管)を通して、中耳に入り込むことが原因で発症します。炎症の程度がひどくなり鼓膜に穴が開いてしまうと耳だれが出ることもあります。基本的に治療は抗生剤の内服となりますが、鼻の炎症も伴っていることが多いので吸引やネブライザーなどの耳鼻咽喉科で行う処置も効果的です。幼少児の場合頻回に繰り返してしまったり、滲出性中耳炎という病気に移行し、治癒に時間がかかることもあります。

滲出性中耳炎

症状
聞こえが悪い、耳がつまる

鼓膜の内側の中耳という場所に滲出液がたまり、聞こえが悪くなる病気です。あまりに長期にわたり滲出液がたまったままの場合は耳の発育成長に悪影響を及ぼし、大人になった時に慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などの病気の原因になることがあります。
治療としては処置や内服で、なかなか改善しない場合には鼓膜切開をし、鼓膜にチューブを挿入する処置を行います。大人の場合、時に上咽頭(鼻の奥)に腫瘍が認められることがあります。耳や鼻の処置のみでなく、内視鏡検査で上咽頭をチェックしておくことが重要です。

真珠腫性中耳炎

症状
聞こえが悪い、耳だれがでる

中耳(鼓膜の内側)に皮膚の一部が入り込み、そこで皮膚からの落屑物が蓄積し大きくなることで、ゆっくりと周りの骨を破壊してゆきます。多くは無症状で経過するため、ある程度大きくなった状態、すなわち中耳の骨が破壊された状態で耳だれや難聴が起きることで発見されます。基本的に手術治療が必要となりますが、病気の進行度合や、高齢者であった場合は感染の予防や処置で経過を見ていくことがあります。

内耳の病気(耳の一番内側)

突発性難聴

症状
聞こえが悪い、耳鳴りがする、めまいがする

突然、何の前触れもなく片方の耳が聞こえなくなる病気です。原因は内耳神経(聞こえに係わる神経)の内耳循環障害やウイルス感染などいくつかの可能性が言われていますがはっきりとしていません。また、難聴にめまいを伴うこともあります。
基本的に改善・回復するためには少しでも早い治療が必要となりますので、聞こえがおかしいと思ったら早めに専門医に診てもらいましょう。聴力検査を行い、必要な場合ステロイド剤などを用いた治療を行います。

急性低音障害型感音難聴

症状
聞こえが悪い、耳鳴りがする、めまいがする

比較的若年の女性に多く、耳のつまり感や耳鳴り、めまいなどを伴うことも多くみられます。突発性難聴と比較すると、聴力検査をしてみると低い音(500HZ以下)のみの聴力低下を認めていて、軽度であればよく睡眠を取ることのみで改善します。耳鳴りや耳詰まり感の症状が続く場合には受診し、聴力検査や診察を受けましょう。ステロイド剤や利尿薬、循環改善薬の内服で治療をします。

老人性難聴

症状
聞こえが悪い

症状は年齢と共に顕著になる聴力の低下です。基本的には、投薬や手術で改善することは困難ですので、難聴による生活上の支障が大きい場合は補聴器をお勧めしています。老人性難聴の場合、聞き取りだけでなく、言葉の理解力も落ちると言われており、周囲の人はゆっくりと大きな声で話しかけてあげるなどの配慮が必要となります。

騒音性難聴

症状
聞こえが悪い

職場などある程度大きな音の環境下で年単位などの長期間さらされた後に起きる難聴です。
聴力検査を行うと、4,000Hzという比較的高音域の聞き取りだけが悪くなるという特徴があります。悪化してしまった難聴を治すことは難しく、これ以上難聴を進行させないために、環境整備や耳栓やイヤーマフなどでの耳の防護が重要になります。

音響外傷

症状
聞こえが悪い、耳鳴りがする

コンサートや工事現場などの大きな音にさらされた後に、聞こえの神経が傷ついて耳鳴りや聞こえにくさを自覚します。改善・回復するためには少しでも早い治療が必要となりますので、聞こえがおかしいと思ったら早めに専門医に診てもらいましょう。聴力検査を行い、必要な場合ステロイド剤などを用いた治療を行います。

機能性難聴

症状
聞こえが悪い

実際には聴力に問題がないのに、聴力検査では難聴の結果を示す状態を言います。機能性難聴は心因性難聴(自分が聞こえないと思い込んでいる)と詐聴(聞こえないふりをしている)に分けられ、心因性難聴は学童期や思春期のお子様に時々認められます。
原因となる病気がないか検査をした上で、何もなければ環境要因などに気を配りながら経過観察を行います。3年程度の長期に観察すると7割程度が自然に改善することが知られています。

聴神経腫瘍

症状
聞こえが悪い、耳鳴りがする

聞こえを司る内耳神経という場所にできものができる病気です。症状の特徴は徐々に進行する難聴です。最終的な診断には頭部MRI検査が必要になります。病気が見つかってもできものの大きさが小さい場合は手術を急がず、経過を見る場合もあります。

耳と鼻をつなぐ管の病気

耳管狭窄症

症状
耳がつまる、耳抜きができない

耳と鼻をつなぐ管(耳管)は通常、飲み込む動作やあくびで一時的に開き中耳の圧抜き(耳抜き)をしますが、それらの動作でも開かず、圧が抜けないような状況です。アレルギーや風邪などの腫れやむくみが原因の場合がある際には内服で治療します。

耳管開放症

症状
耳がつまる、音が響く

耳管狭窄症とは逆で、耳と鼻をつなぐ管(耳管)が開きっぱなしの状態です。急な体重減少などのタイミングで起きることが良く知られています。頭を下げる、横になる、鼻をすすると症状が楽になるというのが特徴的です。生理食塩水の点鼻や内服などで治療を行います。

補聴器外来

補聴器外来

当院の補聴器外来は予約制です。

補聴器は、衰えた聴覚を補う器具で、高齢化によって加齢性難聴が増えるにつれ、使用する人が増えています。しかし、補聴器をつけたからといってどんな音も聞こえるようになるわけではなく、音域によってはかえって明瞭に聞き取れないこともありますので、慎重に選ぶ必要があります。

補聴器の種類

  • 耳の穴に差し込む耳穴型
  • 耳掛け型

など多くのタイプが作られています。

受診の流れ

院長の診察後にリオン補聴器の社員と相談をします。
まず聞こえに関する訴えに対して、適切な診断と補聴器の適応について検討します。

補聴器装用希望の方、現在装用中の補聴器の聞こえに合っているのかご心配な方は、まず通常外来にて、どうぞお気軽にご相談ください。
院長の診察と必要な聴力検査を受けた上で、適切な状態に調整された補聴器の装用をお勧めします。